Event is FINISHED

アウトプットから一緒に考えるプロジェクトデザイン -目的をカタチにしていくプロデュース術-

Description
企業として新しい価値が求められる今日、今までの事業のやり方では現状を打開できず、 新たな一歩を踏み出したいと考えている企業は多いのではないでしょうか。
「課題に対して何をすればいいのかわからない」
「複数部署に関わる課題を取りまとめるのが難しい」
「社外からの客観的な見解を取り入れたい」
このようなご相談をいただくことが増えています。

ロフトワークではプロジェクトごとに課題や要望をヒアリングした上で、 本質的な課題解決のアプローチとこれに伴う複合的なクリエイティブをご提案します。 解決すべき課題が定まっていない場合でも、課題の発掘やユーザーニーズの把握、 競合・トレンドリサーチを行い、方針策定の段階からプロジェクト設計をご支援してます。

本イベントでは実際のプロジェクトをベースに、どのような課題解決プロセスを経てアウトプットに至ったのかをご紹介しつつ、目的をカタチにしていくプロデュースについてご紹介します。

▽こんな人におすすめ
・自社のプロモーションに課題を抱えている方
・複合的なクリエイティブ戦略に興味がある方
・プロジェクトの進め方に課題を抱えている方
・ターゲットへの訴求方法に悩んでいる方

▽開催日時  
3月24日(金)13:30〜(開場13:00)

▽開催場所  
ロフトワーク京都 MTRL KYOTO

▽プログラム
13:30-13:50
・ロフトワークのプロデューサーの価値とは
 株式会社ロフトワーク エバンジェリスト / プロデューサー 森内 章
 └ロフトワークのプロデュース視点〜よくある制作会社営業との違い〜
 └課題解決のアプローチについて

14:00-14:40
・[Case study:1] ブランドイメージの転換におけるクリエイティブ制作
 株式会社Stroly 代表取締役社長 髙橋 真知
 株式会社ロフトワーク シニアディレクター 川上 直記

14:40-15:20
・[Case study:2] 企業ビジョンの可視化とアウトプットプロセス
 株式会社八清 Web制作部 安藤 雅人
 株式会社ロフトワーク クリエイティブ・ディレクター 堤 大樹

15:20-15:30
・休憩

15:30-16:00
・パネルディスカッション
 課題整理のポイントとプロジェクトデザインのプロセス
 株式会社ロフトワーク シニアプロデューサー 柏木 鉄也
 株式会社ロフトワーク プロデューサー 松岡 大輔
 └社内での課題整理のポイント
 └プロジェクトに必要な柔軟性

16:00-
懇親会

▽ご注意
・参加者の皆さんのお写真や発表いただく内容は、後日弊社サイトに掲載いたします。
・プログラムは、予告なく変更される場合があります。
・本イベントは、自社事業に関わる方々向けのイベントになります。同業や個人の方はお断りすることがございますので予めご了承ください。
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#233048 2017-03-16 01:08:59
Fri Mar 24, 2017
1:30 PM - 5:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
MTRL KYOTO/ロフトワーク京都
Tickets
一般 FULL
Venue Address
京都市下京区富小路通五条下ル本塩竈町554 Japan
Organizer
ロフトワーク京都
257 Followers